フロアマットはデザイン豊富でリーズナブルな社外品がおすすめ

車を購入する際にフロアマットはオプション扱いとなっているのですが、やはり必需品とも言えます。

なぜなら、マットを敷かない場合には砂や埃が直接車内に溜まってしまい、掃除機を使用しないと中々綺麗にすることが出来ません。その点、マットを敷くことで、汚れた場合には簡単に取り外す事ができるので、さっと外して少し叩くだけでも綺麗にする事ができます。また、毛足の長い高級感あるラクジュアリー系タイプのものから、チェック柄やドット柄、さらにはキャラクターものなど、たくさんの種類やカラーが用意されているために、社内の雰囲気を変える事もできます。

 

様々な役割を果たしてくれるマットですが、純正品ともあると一般的なタイプで3万円程度、高級タイプともなると5万〜10万円するものまであります。一方、ここ数年人気を集めているのが社外品のフロアマットです。価格は純正品と比べて格段にお値打ちとなっている為に、購入する方は増加しています。そもそもマットは機械部品などとは異なり、純正だからといって大差はありません。あるとすれば車名ロゴマークがある事や、サイズ感程度と、差を感じることは少ないといえます。また、デザインに関しては社外マットの方がバリエーションは豊富といえます。

 

価格も安いうえに、デザインも豊富ですので、気軽に交換する事ができますのでおすすめです。ただし注意したいのが、購入する際には車種専用に設計されたマットを購入する事をおすすめします。どんなにデザインに優れていても、サイズ感がなければ見た目のバランスが悪くなるからです。社外マットは低価格が売りでもあるため、車の使用用途やシーンに応じて適切なマットを選んで見て下さい。