大口径アルミホイールと車高調の組み合わせは愛車をより魅せる

愛車に付けた外装アクセサリーの中で、ひと際目立ったのが大口径アルミホイールでした。純正サイズと比較して、2インチ、3インチアップすると、それだけで愛車の足元が輝きます。また、そのアルミホイールが有名ブランドのホイールだったりすると、より魅せます。

 

ただし、ただ大口径アルミホイールを履けばいいというわけではありません。大口径アルミホイールを履いても、車高が純正のままだと、アルミホイールに目が行った際に、タイヤハウスの隙間が目立ってしまいます。純正であれば、純正のまとまり感が出て気にならない事が多いですが、目立つ大口径アルミホイールを履くと、どうしても目はアルミホイールに行ってしまい、結果として、タイヤハウスの隙間が目立ってしまうのです。そうなると、輝くアルミホイールに対しタイヤハウスの隙間とのギャップで、見た目の格好良さが下がってしまいます。

 

そうならない為にも、大口径アルミホイールを履く際には、車高調と組み合わせると良いです。車高調と組み合わせると、タイヤハウスの隙間が少なくなり、アルミホイールとボディが近くなり、一体感が生まれるので、外装パーツの中でも、より愛車を魅せる仕様にするなら大口径アルミホイールと車高調がお勧めです。