台風被害に遭い火災保険を利用して自宅の屋根を修理。

関西地域に昨年は台風が多くやって来てしまいましたが、私の家も台風の突風による被害を受けてしまいました。ぱっと見では分りにくいのですが、屋根がずれてしまい、経年劣化がしていた部分が突風により剥がれてしまい、雨漏りをするところも出てしまいました。早急に修理が必要になりましたが、子供たちの教育費などがかさみ、とても屋根の修理にお金をかけられる状態は無かったので雨漏りしている部分は自分たちで部屋の中から補修を試みました。

暫くはそのままの状態でいましたが、やはり屋根のずれだけは放置は長い間できないので、業者さんに相談をしました。

幸い業者さんが様々なことに詳しく、もし火災保険に加入しているならば風災でも保険が下りるので申請をしてみてはどうかと言うアドバイスをくださり、すぐに申請に入りました。

少し時間はかかりましたが、無事に申請も通りましてすぐに業者さんに屋根の修理に入ってもらいました。

また大きな台風が来たら今度は屋根が飛んでしまうのではないかと?言う不安もしなくて済むようになるので精神的にも楽になりました。

お陰様で保険の補償内で修理費に充てることができたので金銭的な負担もせずに済んだので、改めて屋根の修理に火災保険が使えると言うことを知れたことが我が家にとっては大きなことでした。

しっかりと屋根の修理が済んだことで安心して生活も出来るようになりました。家の劣化は仕方の無いことですが、今後も家を大切にしたいと思いました。