ドアバイザーを付けることのメリットとデメリット

街を走っている車を見ると、同一車種の車でもドアバイザー(窓に付いている小さな屋根のようなもの)が、付いている車と付いていない車がある事に気づきます。

このドアバイザーは車購入時のオプション品として設定されていることが多く、希望者が数千円〜数万円の負担をして取付けています。

 

このドアバイザーを付けることのメリットとしては、雨や雪の日などに少し窓を開けても、雨や雪が車内に入りにくく、車内の換気性をあげられる事にあります。

また雨の日以外にも炎天下の中、駐車する際に車内の気温上昇を抑えるために少し窓を開けていても、防犯上、多少有利になるというメリットもあります。一方で、ドアバイザーを付けることのデメリットとしては、オプション代がかかる事と、車のデザイン性が落ちる事、また洗車時に窓を洗いにくくなるなどが挙げられます。

 

付ける付けないの基準は、利用者の好みによるところが大きいと思いますが、車内で喫煙する習慣のある人は、ドアバイザーを付けておいた方が雨天でも窓を開けたの換気がしやすくなるので、是非付けた方がいいと思います。

純正品にこだわりがなければ、価格の安い社外品のドアバイザーもあるので、検討してみても良いと思います。